読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語はAudubleでの学習が一番よかった(2)

最近、日本アニメの英語吹き替え版を良く観ます。(ダロンロードはご注意!)

特に優れていると思ったのは、「4月は君の嘘」と「言の葉の庭」の英語吹き替え版です。

「4月は君の嘘」のほうは、セリフ自体がすでに翻訳ではなく、状況に併せて、「米国で同じ状況におかれたらどう言うか」というセリフになっています。

 

一例を上げると、最終回で

日本語セリフが

「有馬公生君、君が好きです。好きです。好きです。」

は、英語吹き替えでは

"Here is a Truth, Kose. I love you,  I love you,  I love you."

とされています。

 

新海誠監督の「言の葉の庭」の英語版でも、日本の和歌を英語版では、意味が近い韻文に変えています。

加えて、村上春樹作品の英語版でも、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」では、原文にはないTom Swift elevatorというものが登場するが、これでむしろ米国の読者はよく理解できるのでしょう。

 

Localizingというのは、現地の人に理解してもらえ、楽しんでもらえることが目的なので、こういう置き換えは私はとても歡迎します。

 

(ぼくがLocalizingを受注する場合は文章の順序まで変えて、時系列に並べ変えることもあります。日本人に不要な箇所はばっさり切ります。)

 

最近、ぼくが気になっているのは、"THE NATURE OF PERSONAL REALITY" by Jane Robertsの日本語版「個人的現実の本質」という本(訳者不明)、出版社: (ナチュラルスピリット)の日本語文章です。

 

早くAudibleの話に入りたいのですが、まず最初に、この作品の素晴らしさを伝えるための説明をしたいと考えます。

著作権の関係上、特に日本語版「個人的現実の本質」の文章には触れません。

ではまた。

 

英語はAudubleでの学習が一番よかった(1)

サラリーパーソンの皆さん、それに高校生の皆さんに提案です。

私はすでに60歳を超えたおじさんです。顎の骨を折ってから上手に話せません。

それで、今は英語関係の仕事は「文字」に関係のあることしかできません。

 

そこで、この機会に「最短コース」で英語を身につける方法を提案したいと思います。

この事故を機会に英語媒体を元に日本語にしたもの、あるいは、日本語媒体を英語にしたものをたくさん読みましした。

 

違う言語で書かれた、あるいは話された媒体を、他の言語で表現するのは難しいことです。

 

観光旅行くらいなら自動通訳機が使えそうですが、今のところそれ以上は、コンピュタのお世話になっても、英語を日本語に、あるいは日本語にするのは難しい仕事です。特にコンピュータに日本語の「主語」を判定させるのは困難です。

 

例をあげるなら

「オレ、ネコ ・・・」という歌を英語にするのは、『アシモフ」の "I, robbot"の邦題をつけるより難しい気がします。同じ外国作品の日本語版が数回出版されることがありますよね。

 

例えば、ほくは、R.Heinline の "The door into Summer"については、福島正実さんの訳(

https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%8F%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%89%89-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E6%96%87%E5%BA%ABSF-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3/dp/415011742X

のほうが新訳より好きです。

 

みなさまはいかがですか?

 

では今日はこれくらいで。